ホーム 医院概要 診療項目 医師紹介 採用情報 診療項目 様々なニーズにお応えできる診療をご案内します。 診療項目 ・整形外科 ・リハビリテーション科 ・リウマチ科 ・高気圧酸素カプセル ・にんにく注射 ・プラセンタ注射 ・巻き爪のワイヤー矯正 整形外科 整形外科は、骨や関節をはじめとした、靭帯・腱・神経・筋肉など、人間が正常な生活を送るために必要な「運動器」を扱う分野です。
部位的には、脊椎(せきつい)・脊髄(せきずい)・末梢神経(まっしょうしんけい)・四肢の関節などを。
疾患としては、先天性や外傷性、変性性・腫瘍性・感染性・代謝性疾患などを扱います。
特に現代は高齢化社会のということもあり、老化に関連した脊椎や関節の変性疾患の増加がみられます。
年齢別には、新生児からお年寄りの方まで、男女共とほぼ全ての人が対象です。症状としては、腰痛、膝痛、肩こりを訴える患者さんが多く来られます。 ・主な対象疾患
四肢、躯幹の外傷、小児整形外科疾患、脊椎脊髄疾患、四肢関節の変形疾患、骨・軟部腫瘍、スポーツ外傷
リハビリテーション科 主に神経・筋・骨格系の異常に基づいた運動機能障害者を対象とし、医学的治療や治療的訓練を実施する診療科がリハビリテーション科です。
疾患により生じた移動・身の回りの動作・コミュニケーションなどの障害に対して、失われた機能の回復を促すとともに、残っている能力を最大限に引きのばすための治療を行い、患者様が社会復帰などができるように援助しています。
いまいずみ整形外科で行う治療手段には、薬物療法、神経ブロック、運動療法、温熱・電気刺激などの物理療法や、作業療法、言語療法、装具療法、義肢作製などがあります。
患者さんの状態にあわせてこれらの治療法を組み合わせて効果的に実施しています。 ・主な対象疾患
脳卒中後片麻痺(半身麻痺)、頭部外傷後遺症、脊髄損傷、神経筋疾患、末梢神経障害、慢性関節リウマチなどの骨関節疾患、慢性腰痛、四肢奇形または切断、脳性麻痺、小児神経疾患、急性心筋梗塞、慢性呼吸不全、リンパ浮腫
リウマチ科 リウマチ科とは、関節リウマチやその他の関節痛を伴う病気を診断・治療する診療科です。 ・主な対象疾患
関節リウマチ、骨粗鬆症、膠原病
高気圧酸素カプセル 院内に高気圧酸素カプセル「オアシスO2」を設置しています。「ハンカチ王子」こと斉藤選手や、サッカーのベッカム選手などのスポーツ選手が使用し、活躍したことで注目されている治療です。
効率よく酸素を身体に供給するため、健康増進、疲労回復、老化予防、美容、骨折などのけがの回復などでの効果が期待できます。

※完全予約制 ・ポイント 約50分間、カプセル内で寝ている治療で、極めて安全です。
雑誌、本、携帯電話などの持ち込みも可能です。
にんにく注射 最近どうもバテ気味で、ちゃんと寝ているのに全然疲れがとれないなど、蓄積されなかなか取れない「疲れ、だるさ」をにんにく注射で改善。そもそも蓄積された疲労物質は「乳酸」です。
にんにく注射は、体内に蓄積された乳酸を分解する成分を、血液中からダイレクトに全身に届けます。
即効性は抜群で、ハードスケジュールに追われる芸能人や、体が資本のスポーツ選手に多く愛用されています。 ・下記の症状の方にオススメ
だるさがなかなか抜けない方、よく寝ているのに全然疲れがとれない方、疲れがたまっていても大事な仕事があり休めない方、夏バテによる体力減退ぎみの方、冷え性で体力が弱くよく風邪をひく方やなかなか体調が元に戻らない方、緊張型頭痛や肩こり腰痛がある方、二日酔いの方や肝臓が弱っている方
・ポイント にんにく注射はビタミンB1製剤にビタミンCなどを配合した点滴で、約15分で行います。
注射後のにんにく臭はすぐに消え、息がにんにく臭くなることもありません。
プラセンタ注射 「プラセンタ(胎盤)」から抽出したエキスは、肝機能障害や更年期障害等の治療薬・滋養強壮を目的とした医療品として使用されてきましたが、最近では、その効能が疲労回復や抗アレルギー作用、美肌作用、抗老化作用などにもあるとわかってきました。何かとストレスの多い現代社会で、より健康で若々しい体を維持するためにプラセンタエキスを使用する方が増加しています。 ・下記の症状の方にオススメ
疲れ、不眠、肩こり、腰痛症、くすみ、肌荒れ、乾燥肌、更年期障害(のぼせ、いらいら、ホットフラッシュ)、生理不順、生理痛、自律神経失調症、風邪にかかりやすい、冷え性、アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、花粉症など)、老化予防(アンチエイジング)
・ポイント プラセンタ注射は、プラセンタエキス(メルスモン・ラエンネックを各1A)にビタミンCなどの相乗効果の期待できる有効成分を配合した点滴です。
約15分で行います。
巻き爪のワイヤー矯正 初診時の右足の指(右1趾)。爪が丸く変形し、巻き爪となっている。普段はあまり痛みはないが、刺激を受けると疼痛が激しくなる。ワイヤーによる爪の矯正を行った。 ワイヤー矯正1ヶ月後の症状。爪の変形がなくなり、刺激を受けても疼痛はない。もう1ヶ月ワイヤーを装着し続けた後、ワイヤーをはずした。 初診時より8ヶ月後の右足の指(右1趾)。ワイヤーは半年の間装着していないが、再発を認めていない。 ワイヤーによる爪の矯正は、治療する際も、治療した後の普段の生活においても、まず疼痛はありません。
日常生活も特に制約されることもありません。
(サッカーをしても問題ありません)
© imaizumi clicnic